Dr.HUBY microの特徴

よりキズの小さな手術を求める声が高まり、手術機器の多くが「ダウンサイジング化」(10mm→5mm→3mm)されてきています。しかしながら「医療用綿棒」のダウンサイズは製法上の制約から、ながく5mmが限界となっていました。
綿棒は臓器の把持、挙上、組織の鈍的剥離等の目的で様々な外科手術に用いられるものであり、さらなる細径化が望まれています。
今回、大阪大学と山洋の共同研究で医療用綿棒を製法面から見直し、世界ではじめてその極細径化(3mm)に成功しました。

特徴1世界初のφ3mmの極細径綿棒

(※2017年08月時点)

日本独自の綿棒製造製法により、従来の限界を超える細径化と、さらに自由な形状(凸凹型)のデザインが可能となりました。極細径化により、低侵襲(傷跡がほぼ残らない)、術中の視野が広がる、そして細かい作業を愛護的に行える等のメリットが期待されています。

特徴2綿からの溶出物が極めて少ない

※特許:登録第6831533号

微粒子数計測検査により、綿からの容出物(コットン屑)が極めて少ないことが確認されました。
体液中への異物溶出が少ないことによって、感染リスクが軽減されるのではないかと期待されています。

特徴3「ヘタリ」を科学的に究明!

従来の手術用綿棒は手術中の体液浸軟により、表面形状が変化してパフォーマンスが低下すること(いわゆる「ヘタリ」)が臨床的に広く知られていました。弊社綿棒は、耐水性樹脂を綿部にコーティングすることにより、抗浸軟性を付与しました。また、X線CT撮影技術を応用した表面形状解析によって「膨化率」、「表面粗さ」といった客観的指標を用いて世界で初めて「浸軟による綿棒のパフォーマンス低下」ならびに「抗浸軟コーティングの有効性」を科学的に実証することに成功しました。まとめた論文は英文学術誌に掲載されています。※1

※1
論文名:Research and development of anti-maceration laparoscopic surgical cotton swabs
著者名:藤井 翔太1)、石井 裕二2)、勝山 晋亮3)、赤井 和孝1)、上田 智也1)、稲田 充2)、福島 晟弘2)、中島 清一3)
    1)株式会社山洋 2)株式会社キャステム 3)大阪大学大学院医学系研究科 次世代内視鏡治療学共同研究講座
雑誌名:Minimally Invasive Therapy &Allied Technologies(MITAT)
掲載日:2021年2月13日
WEB:https://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/13645706.2021.1879154

特徴4日本製

山洋は創業50年の綿棒一筋の製造メーカーです。
一般用綿棒では業界シェア39%のトップシェアメーカーです。※2
今回の医療用綿棒でも蓄積された技術と安心の品質によって「安全・安心」を第一に綿棒の製造をしています。

※2 インテージ:SRI雑貨綿棒市場(一般用綿棒)金額シェア2019年度(2019.04-2020.03)

その他の特徴

  • 綿球部が滑りにくい凸凹構造
  • しっかりした堅さのカーボン軸
  • 電子線滅菌(使用期間:製造日から3年)
  • 安全性試験(非GLP)に適合

Dr.HUBY micro 医療用綿棒 3mm/1本入

( ドクター ヒュービー マイクロ )
  • 本数1本入り
  • 電子線滅菌
  • 医療機器届出番号27B3X00067000021
  • クラスI

製品仕様

入数 仕様 寸法(mm) 重量
1本入り 個装 W543×D78×H4 12g
10袋 内装 W550×D84×H34 206g
10箱 外装 W560×D185×H180 2.5kg
【製品重量】
1本あたり約5g
【原材料】
綿球:脱脂綿
軸:炭素繊維
接着剤:ウレタンアクリレート樹脂 
【JAN】
4958286712291

Dr.HUBY micro 医療用綿棒 3mm/3本入

( ドクター ヒュービー マイクロ )
  • 本数3本入り
  • 電子線滅菌
  • 医療機器届出番号27B3X00067000021
  • クラスI

製品仕様

入数 仕様 寸法(mm) 重量
3本入り 個装 W543×D78×H4 22g
10袋 内装 W550×D84×H34 302g
10箱 外装 W560×D185×H180 3.5kg
【製品重量】
1本あたり約5g
【原材料】
綿球:脱脂綿
軸:炭素繊維
接着剤:ウレタンアクリレート樹脂 
【JAN】
4958286712260